好印象を与える

治療器具

日頃歯磨きを念入りに行っているつもりでも、歯の着色を完全に防ぐのは難しいものです。着色してしまった歯を白くするには、ホワイトニングという方法があります。最近では、ホワイトニング効果をうたった歯磨き剤も多数市販されていますが、確実に白くするにはやはり歯科医院での施術が有効です。 歯科医院におけるホワイトニングは専用の薬剤を使用して行います。医師による診察のもと、歯の状態に合わせた施術が可能であり、希望した期間内で白い歯を手に入れることができるのが大きなメリットです。歯科医院でホワイトニング受ける場合、20000円から50000円が相場と言われていますが、クリニックによって価格には差があるのが現状です。

先述したように、最近では歯を白くする効果を持つ歯磨き剤は多数市販されていますが、20年ほど前までは日本におけるホワイトニングの認知度はそれほど高くありませんでした。そもそも、ホワイトニングはアメリカで始まったデンタルエステティックという概念に基づいた施術です。アメリカでは1980年代から歯科医院におけるホワイトニングが開始され、人々の注目を集めていたのです。 一方で、日本で人々の意識が刺激されたのは、1990年代半ばに放送されたある歯磨き剤のテレビコマーシャルがきっかけです。コマーシャル内で使用されていたキャッチコピーが瞬く間に人気となったことで、美意識が変わり、白い歯への憧れが芽生えたのです。その後は今に至るまでに、歯科医院におけるホワイトニングをはじめ専門機関で施術を希望する方も増えています。近年では低価格での施術を実現しているクリニックもあります。