保険が適用されない

歯科ライト

インプラント治療は保険適用外なので患者の負担が大きい治療方法といえます。それでも今インプラント治療はどんどん進化し利用を希望する人も増えているのです。インプラント治療の一部は保険適用となったのですが、一般の人が虫歯によって抜歯しなければならない、入れ歯に変えてインプラント治療を受けたいといった理由では保険を適用することができません。保険が適用できるのは先天的に歯がない、事故などで顎骨を失ったといった外的要因によって歯や顎がない場合のみなのです。 とはいえ支払う料金を少しでも抑えたいと思います。その際に格安インプラントに目が行きますが一本20万円程度で行われている治療は少し注意が必要といえます。保険適用外ではありますが、医療費控除の対象です。医療費控除とは年間の医療費(歯科だけでなく風邪などの診療などすべての医療費)が10万円以上の場合10万円を超えた分に関しては税金が控除されるというものです。こうした仕組みを利用することで少しでも支払う料金を抑えることができます。

インプラント治療は保険適用外なので高額、となれば少しでも安い料金で治療できる歯科医院を選択したいと考えます。しかしちょっと待ってください、一見治療にかかる料金が安くてもしっかりしたインプラントシステムを使用していなかったり歯科医の技術がなければ結局は早くダメになってしまいトータルで考えると高い料金を支払うことになりかねません。インプラントシステム一つとっても様々なメーカーから様々なシステムが販売されています。当然システムによって原材料や治療の方法が異なります。当然安価なものも存在しそうしたものの中には寿命が短いものも少なくありません。 更に歯科医の腕もインプラントの持ちを大きく左右します。ですからしっかりと情報収集をして治療をする歯科医院を決定することも大切です。