歯並びを美しく

医師二人で治療中

日本の矯正歯科治療は現代でも後進国であると言わざるを得ません。なぜなら日本人には矯正歯科治療を施した人が非常に少ないからなのです。しかしアメリカやヨーロッパなど西欧諸国では、幼少期からきちんと矯正歯科治療を施す傾向にあり矯正の分野で先進国であると言えるのです。そのため西欧人に日本人の様な出っ歯や八重歯の人は滅多に見ることができないのです。特に西欧では太っていること、歯並びが悪いことは昔から自己管理ができない人と見なされる傾向にあるのです。そのため必ず幼少期から顎の発達、歯並びに関して徹底した検査と治療法を模索するのです。日本ではあまり昔から歯並びが重要視されないのは、歯並びを治す事は美容や審美性を単に高めるだけのことだとの認識が強かったからです。

しかし日本でも虫歯予防や歯の健康の観点で矯正歯科治療を施したほうが良いとの見解が広まり、現代では徐々に西欧のように積極的に矯正歯科治療を施す人が増えつつあるのです。またメディアを賑わすモデルや女優たちも、徹底して歯並びを治療し、口元の美しさを維持しています。そうした影響もあり、一般女性も綺麗な口元にしようと大人になってからでも矯正歯科治療を始めようとする人が増えつつあるのです。しかし矯正し歯科治療で問題になるのがその治療の見た目の悪さや治療費といったものです。しかし現代ではインビザラインなど、人に治療がわからない矯正歯科治療もあらわれ、費用も80万円前後とリーズナブルに治療を始められるようになっているのです。そのため今後ますますインビザラインなどで歯並びを治す人が増えてくることが予測されるのです。